事業とプロジェクト

当社の第一級資産のポートフォリオは、世界のクリーンエネルギーと低炭素経済への移行に不可欠な銅、白金族金属、ニッケル、亜鉛、その他の金属を知る機会を提供しています。当社のステークホルダーは、低コストで資本集約度が低く、最先端のESGプログラムを備えた高品位の長期プロジェクトから恩恵を受けています。

南アフリカ

Platreef白金族金属・ニッケル鉱山

所有権:Ivanhoe Mines 64%
B-BBEEパートナー 26% | 伊藤忠商事が主導する日本コンソーシアム 10%

Platreefプロジェクトは、世界有数の白金生産地域である南アフリカのBushveld Igneous Complexの北翼において、Ivanhoe Minesの地質学者が行った白金族金属、ニッケル、銅、および金の第一級の発見です。Platreefは、品位、厚さ、形状、規模と合わせてニッケルと銅の副産物が相当量見込まれることで他のBushveldプロジェクトと区別され、世界最大の未開発貴金属プロジェクトです。

統合開発計画をダウンロード

700キロトン

Platreefの第1段階の採掘能力

113キロオンス

第1段階におけるパラジウム、ロジウム、プラチナ、金(3PE+Au)の平均年間生産量(オンス)

591キロオンス

第2段階における3PE+Auの平均年間生産量

95Moz

鉱物資源量ベース3PE+AU

2.7Mt

ニッケルの鉱物資源量ベース

#1

第2立抗がアフリカ大陸最大の巻上げ立抗に

商業生産は2024年第3四半期の開始を予定しており、第2立抗のフル稼働と試運転は2027年中に完了する予定です。第2段階の拡張に必要な直径10メートルの第2立抗は、アフリカ大陸最大の巻上げ立抗の1つとなる予定で、現在建設中です。段階的な開発計画の初期には、既存の第1立坑と新しい施設内選鉱設備を使用した初期年間生産量70万トン(700キロトン)の坑内掘り鉱山を皮切りに、Platreefで早期生産を行う予定です。

Construction of Platreef’s first 5 MW solar power facility commenced in the Q1 2024 and is expected to be completed in the second half of 2024. The power generated by the plant will support development activities and operations, together with other renewable energy sources that are expected to be introduced over time.

Platreefプロジェクトは、パラジウム、プラチナ、ロジウム、ニッケル、銅、金の世界最大かつ最低コストの生産拠点の一つになると予測されています。

Platreefの再生可能電力

Platreefの最初の太陽光発電所の試運転は2023年に予定されています。このプラントの太陽光発電から得られる電力は、鉱山開発や建設活動に貢献するだけでなく、Platreefのバッテリー駆動の坑内掘り採掘車両の充電にも役立ちます。

アフリカ大陸最大の巻上げ立抗の建設

第2段階の拡張に必要な直径10メートルの第2立抗は、アフリカ大陸最大の巻上げ立抗の1つとなる予定で、現在建設中です。高さ104メートルのヘッドフレームの建設は2022年12月に開始されました。第2立抗のヘッドフレームは、最大800万トン/年の巻上げ能力を持つことになります。

尾鉱

Platreefの尾鉱の約半分はポンプで坑内に戻され、採掘切羽の埋め戻しとして使用されます。残りはドライスタック尾鉱貯蔵施設に保管されます。

プラットリーフにおける2022年実現可能性調査、2022年3月
Platreef統合開発計画2020、2020年12月
プラットリーフにおける2017年度実現可能性調査、2017年9月
Platreefプロジェクト - 2016年度資源量技術報告書、2016年6月
Platreefプロジェクト - 事前実現可能性調査NI 43-101技術報告書、2015年1月
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink