当社のストーリー

Ivanhoe Minesは環境に優しい鉱山への取り組みで道を切り拓き、Kamoa-Kakula銅採掘複合施設を低炭素銅生産の世界的リーダーと位置づけています。

公開日:14 2023年12月

2023年11月初旬にIvanhoe Minesは、最新の温室効果ガスアセスメントによりKamoa-Kakula銅採掘複合施設が世界で炭素排出量が最も少ない主要銅山と確認されたことを発表しています。業界リーダーのSkarn Associates and WSP Groupは、実施した評価の中で、2024年第4四半期までに敷地内製錬所が完成すれば、この複合施設で銅単位当たりの温室効果ガス排出量の46%削減という大幅な効果が見込めると予測しています。

この最先端の製錬所は、世界で4番目に炭素排出量が少ない製錬所となり、エキサイティングな飛躍となる見込みです。この進展は、Inga IIダムのタービン5号機の改修によって強化されます。この改修により、2024年第4四半期までにコンゴ民主共和国(DRC)の送電網に178MWの再生可能水力発電が供給される予定です

しかし、製錬所のメリットはそれだけではありません。高品位の銅陽極を生産することで銅の輸送効率が高まり、輸送に必要なトラックの台数を減らすことができます。

サステナビリティへの揺るぎない取り組みとして、銅輸出のためのより直接的なルートを提供するロビト鉄道回廊を通じたさらなる排出削減も模索しています。

より環境に優しい未来を目指して、私たちはBDO Globalの支援を受けて脱炭素戦略の開発にも着手しました。当社の戦略は、採掘事業における環境管理の差し迫った必要性を認識しながら、電化および再生可能エネルギーソリューションの重要な要素である銅の世界的な需要の高まりに対応し、将来のネットゼロエミッションを目標にしています。

採掘活動における環境保全の緊急性を認識し、Kamoa-Kakula銅採掘複合施設は二酸化炭素排出量の削減を大きく前進させました。Kamoa-Kakulaは、2022年の温室効果ガスの排出量がスコープ1および2ベースの生産銅1トンあたりCO2換算0.16トン(CO2-e / t Cu)でした。これは業界平均を考慮すると素晴らしい業績です。この成果の理由は、Kamoa-Kakulaの高品位鉱石とコンゴ民主共和国の水力発電によるクリーンエネルギーグリッドだと言えます。

Ivanhoeのサステナビリティへの取り組みは、Kamoa-Kakula銅採掘複合施設だけにとどまりません。DRCで新たな銅鉱床の発掘を続け、KipushiとPlatreefのプロジェクトを推進する中で、当社は環境と社会的責任を事業の最前線に置き、より大きな目的を持って採掘することに確固として取り組んでいます。


上:スコープ1、2、3の銅のGHG排出量18強度曲線。Kamoa-Kakula銅採掘複合施設とその他上位10件の最大規模の銅採掘事業を示しています。

上:背景は新しいKamoa-Kakula製錬所の敷地の3D視覚化、前景左側はKamoa-Kakulaの第1段階および第2段階の精鉱施設です。

2024年2月20日
TSX:IVN
CA$14.48
+0.07%
2024年2月20日
OTCQX:IVPAF
US$10.69
-0.28%
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink